ゲストのためのおよばれマナー

ゲストのためのおよばれマナー

いくら包む?祝儀袋はどれを選んでもいいの?などなどゲストを悩ませるご祝儀。マナーをしっかり覚えて失礼のないご祝儀を贈りましょう。

ご祝儀を贈ろう

結婚祝いと聞くとまず思い浮かぶのが結婚祝い金(ご祝儀)ですね。
会費制でない結婚披露宴に招待された場合は必ずと言っていいほど贈るお祝いとして定着しています。

ご祝儀袋の選び方

水引の種類

水引の結び方は大きく分けて、「結び切り」と「蝶結び」の2種類があります。
結婚式など、繰り返さないお祝い事の場合は「結び切り」あるいはその派生である「あわじ結び(あわび結び)」を使用するのがマナーです。
蝶結びは出産、入学など何度あっても良いお祝い事の際に使用します。

表書き

外包み(上包み)の表書きは毛筆や筆ペンを使用して、濃い墨で書きましょう。
ただし、上書きの「寿」などの文字は既に印刷されたものが市販されていますので、自分で書くことはほとんどないでしょう。

一般的な祝儀袋は

水引
色:金銀 または 紅白
本数:7本 または 10本
結び方:結び切り または あわじ結び(あわび結び)
表書き
のしの上:寿/御祝/御結婚御祝
のしの下:贈り主の氏名をフルネームで
祝儀袋

※上書きは「御結婚祝」 だと4文字になり、縁起が悪いとされますので避けましょう。
また連名で贈る場合、3名までは氏名を並べて書きますが、4名以上の場合は「○○一同」などとし、半紙等に贈り主全員の氏名を記載して中に入れるとよいでしょう。

包む金額によるご祝儀袋の選び方

結婚祝いに用いる祝儀袋(のし袋)は、包む金額にふさわしいものを選びましょう。祝儀袋を選ぶ基準として大事なことは贈る金額とのバランスです。一般的に、包む金額の1%が目安のようです。
たとえば、3万円を包む場合は300円から500円程度のものを選びます。

中袋の書き方

中袋には表側に金額、裏側に住所、氏名を書きましょう。外包み(上包み)の表書きと同じく、毛筆や筆ペンを使用します。

金額は表側の中央に縦書きで書きます。
例えば3万円の場合「金参萬圓也」などと書きます。使用する漢字は他の数字との混同を防ぐ、および改ざんを防ぐ目的から、壱・弐・参などの大字で書くのが正式ですが、最近ではあまり気にされない方も増えています。後ろにつける「也(なり)」は「これ以上、端数はありません」という意味を表します。

数字:壱/一、弐/二、参/三、伍/五、七、八、拾/十
※四、六、九はご祝儀の金額として使わないので記載していません
位:萬/万
単位:圓/円

住所、氏名は裏面の左下に縦書きで書きます。住所は郵便番号から記載するようにしましょう。

市販の祝儀袋に同封されている中袋には、表側に住所・氏名、裏側に金額を書く欄が設けてある場合もありますが、その場合はその書き方に沿って記入してください。金額の記入欄が横書きの場合は算用数字で書けばOKです。

表 裏

ご祝儀袋への入れ方・包み方

中袋にお金を入れる

お金は中袋に入れた上でご祝儀袋の外包み(上包み)で包みます。市販のご祝儀袋の場合、大抵は封筒式の中袋がついていますが、もしもついていない場合は半紙や奉書紙でお金を包むか、白無地の封筒を用意して中袋として使用します。

半紙での包み方

一般的にお札の向きは

裏表:お札の肖像の面が中袋の表側
上下:肖像が下

となるように入れます。
地域によって上下が逆の場合もあるようですので、上下はあまり神経質に考えなくても大丈夫かと思います。ただし、祝儀袋には複数枚のお札を入れますので、それらの向きがバラバラということのないようにきちんと揃えておいてくださいね。

お札の向き

中袋にお金を入れた後、一般的には糊付けしない場合が多いです。市販の祝儀袋で、中袋に「封」や「〆」の記載がある場合はその部分(ポイント)を糊付けするとよいでしょう。封筒式の中袋で全面べったりと糊付けしてしまうと、先方が大変開けづらくなってしまいます。
糊付けする場合、必ずお金が入っているか確認してからにしてくださいね。

中袋を外包み(上包み)で包む

まず、中袋にお金が入っているか確認してください。

次に中袋を外包み(上包み)で包みます。市販の祝儀袋の場合、外包みから水引を外さなくても大丈夫です。水引を外してしまうとカタチが崩れたり、外包みに戻す際に紙を痛めたりする原因となりますので注意してください。
外包み裏面の、下側の折り返し部分を水引からそっと抜き、下から中袋を差し込みます。中袋と外包みの裏表、上下を合わせましょう。
最後に外包みの折り返し部分を元に戻し、水引に差し込みます。このとき、「慶びが溜まるように」と下側の折り返し部分が外側にくるように重ねます。

表 裏

袱紗(ふくさ)で包む

ご祝儀袋は汚さないように袱紗に包んで持参し、渡す直前に袱紗から取り出すのがマナーです。袱紗が無い場合はハンカチやミニ風呂敷でも代用可能です。

袱紗の包み方
  1. 祝儀袋を袱紗中央よりやや左側にのせる
  2. 袱紗の左の角をとり、中央へ折りこむ
  3. 上の角をとり、その上にかぶせる
  4. 下の角をとり、その上にかぶせる
  5. 最後に右の角をとって中央へ折り、余った部分を裏へ折り返す

最近は簡易袱紗も売っていますので1つ持っておくとよいでしょう。
尚、袱紗の色も様々ありますが、慶事・弔事どちらでも使える「紫」がおすすめです。

包む金額の目安

ご祝儀に包む金額(お札の枚数)として、偶数は割り切れることから別れを連想させるため避けられています。また「死」を連想させる4万や、「苦しむ」を連想させる9万は避けてください。
ただし、偶数であっても「ペア」の2万や、「末広がり」の8万はOK。また10万・20万などの大金も別格でOKとされています。
2万円を包む場合、お札の枚数が気になるようでしたら1万円札を2枚ではなく、1万円札1枚と5000円札2枚として、枚数を奇数にするのもよいでしょう。

包む金額は相手との関係や自分の地位などによっても変わってきますが、披露宴に出席する場合の一般的な相場をまとめました。

会社の上司3〜5万円
会社の同僚・部下3万円
兄弟・姉妹5〜10万円
甥・姪3〜5万円
いとこ3万円
その他親類3万円
友人3万円

夫婦で招待された場合は夫婦で1つのご祝儀袋を贈りますが、基本的には上の表を2倍した金額を包みます。
例えば、一人3万円とすると夫婦で6万円となりますが、前述したように偶数は避けた方がいいため、5万、もしくは7万円を包みましょう。

また、披露宴に招待されていない、あるいは都合により欠席で返事を出している場合のご祝儀は、相手との関係に関わらず1万円が相場です。

ご祝儀を贈るタイミング

正式には式の1週間くらい前までの吉日(大安)の午前中に持参するものでしたが、最近は式に招待された場合は式当日に持っていくことが多くなりました。
式当日に渡す場合は、受付でお祝いの言葉を述べると共に受付係の方にご祝儀を預けます。

自分が招待されていない場合、あるいは出席できない場合、ご祝儀を人に託して持って行ってもらうのは失礼にあたりますので、結婚式の1週間くらい前までに持参するかお祝いの手紙を添えて現金書留で送るようにしましょう。
また出席する予定だったのに急きょ行けなくなってしまった場合は、後日お詫びの言葉と共にご祝儀を持参するかもしくはお詫びの手紙を添えて現金書留で送ります。この場合は結婚式に出席した場合と同額を包みます。
現金書留で送る場合もきちんとご祝儀袋に入れてくださいね。

その他知っておきたいご祝儀のマナー

会費制の披露宴やパーティのときは

会費制の場合はご祝儀を準備する必要はありません。決められた会費を支払うだけでOKです。尚、会費の支払い時ご祝儀袋は不要ですができれば新札で用意するのがよいでしょう。

会費以外にもお祝いをしたい、ということであればもちろんご祝儀を別途用意しても構いませんが、会費制の場合のお祝いはお金より品物で贈るのが一般的のようです。

ご祝儀には新札を

ご祝儀として贈るお金は新札を使用するのがマナーです。
事前に銀行に行って新札に替えてもらえればよいのですが、平日は仕事等の都合もあり、銀行に行くのが難しい方もおられるでしょう。
そんな方のために結婚式場の方で新札を用意している場合もありますので、対応してもらえるかどうか事前に式場に確認してみるとよいでしょう。また、ATMでお金を下ろすとキレイめのお札が出てくることも多いため、手数料がかからない状況であれば入出金を何度か繰り返して新札を確保するのも手です。

しわしわのお札をアイロンがけしてキレイにする、というのはよく知られた方法ですが、2004年に発行された新紙幣(1万円札と5000円札)に採用されている偽造防止のホログラム部分は他の部分に比べ熱に弱く、アイロンがけには耐えられないようです。お札にアイロンをかける場合はホログラム部分を避けて、低温でかけるようにしてくださいね。

【結婚式ラボ】写真修整サービス
結婚式ラボ TOP
スケジュール
ペーパーアイテム
ウェルカムアイテム
ギフト
スピーチ
演出
結婚報告
結婚式のマナー
およばれマナー
六曜(六輝)カレンダー

スポンサード リンク