新郎新婦のための結婚式のマナー

新郎新婦のための結婚式のマナー

披露宴に招待する場合はそれが結婚祝いお返しになりますが、招待しない場合は内祝いを贈りましょう。お礼状を出すことも忘れずに。

結婚祝いを頂いたら

結婚祝いを頂いた場合、お返しを考えなくてはいけません。
基本的には結婚披露宴に招待して引き出物などをお持ち帰り頂くことがお返しとなりますが、招待していない・あるいは先方の都合により披露宴に出席できないという場合は内祝いを贈ります。

また お返しとは別に、結婚祝いを頂いたらなるべく早くお礼状を出します。品物やご祝儀を頂かなくても、たとえば結婚式当日に祝電を頂いた場合等はお礼状を出すようにしましょう。披露宴当日にお祝いを頂いた場合は、後日結婚報告はがきなどにお礼の言葉を添えて出してもよいでしょう。

内祝いの贈り方

披露宴に出席されていない方から結婚祝いを頂いた場合は、内祝いとしてお返しの品物を贈りましょう。
内祝いとは本来、「自分のところにおめでたいことがあったので、その喜びの気持ちをお裾分けするための贈り物」のことを指していましたが、最近は相手からお祝いを貰った際の「お祝い返し」としての使われ方が一般的になっています。

金額の目安

地域の慣習にもよりますが、頂いた品物や金額の半分くらいが妥当です。
ただし、5万・10万などの高額のご祝儀を頂いた場合は無理に半返しでなくとも構いません。先方に感謝の気持ちと誠意が伝わるような贈り物ができればそれで十分です。

品物の選び方

基本的には引き出物を選ぶ際と同じように考えて大丈夫です。引き出物を購入する際、少し多めに買っておいて内祝いの品として使用してもよいでしょう。
ただ、先方の自宅まで直接持って行ったり、あるいは郵送する場合は持ち運びのしやすさはあまり考慮しなくてもよくなります。
そのためカタログギフトや食器類の他、引き出物だとかさばって贈りにくい寝具なども人気です。

また、食品を贈っても大丈夫です。たとえば、披露宴に招待していない職場の同僚たちから一人あたり3000円相当のお祝いを頂いた場合は、半分の1500円くらいの菓子折りを一人ひとりに用意し、会社でお礼の言葉と共に手渡すのもよいでしょう。

のしはどうする?

内祝いで一般的に使用するのしは

水引
紅白の10本、結び切り
表書き
のしの上:内祝/寿
のしの下:新郎新婦の名前
又は両家の姓
(左に新婦、右に新郎)
内祝い用のし

贈るタイミング

式が終わった後、1か月以内に直接持っていくか、郵送にて贈りましょう。
親しい方や多めのお祝いを頂いた方にはハネムーンから帰った後、ハネムーン土産と合わせて贈ってもよいですね。

品物を店から直接郵送する場合など、お礼状を同梱するのが難しい場合はお礼状を兼ねた送り状を出し、文中に別便で品物が届く旨を記載しましょう。その際、送り状が品物より先に先方に届くようにしてください。

お礼状を出そう

結婚祝いを頂いたら、なるべく早くお礼状を出しましょう。
内祝いの品物と一緒にお礼状を出そうと考えている場合でも、お祝いを頂いたらなるべく早く、取り急ぎ電話などで構いませんのでお礼の言葉を伝えるようにしましょう。

お礼状ははがきで出す場合もありますが、はがきはあくまで略式と認識しておいてください。目上の方に出す場合はできるだけ封書(封筒)を用いるようにしましょう。
その他、手紙の書き方や時候の挨拶文などについてはこちらにまとめました。

文例1

拝啓 新緑の候、○○様におかれましてはお健やかにお過ごしの事とお慶び申し上げます。
このたびは私たちの結婚にあたり、お心のこもったご祝詞ならびにお祝いの品をお送りいただき、誠にありがとうございました。厚くお礼申し上げます。おかげさまで、私たちもめでたく新たな人生をスタートさせることができました。これからは○○様から頂いた励ましを忘れずに、立派な家庭を築いていくよう努めたいと思います。
何分にも未熟な二人ではございますが、今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

敬具

文例2

拝啓 暑さも和らぎさわやかな秋風が吹く頃となりました。○○様には、お元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
さて、このたびの私どもの結婚に際しましては、結構なお祝いを頂き誠にありがとうございました。頂いた○○は早速使わせて頂いております。温かいお心づかい、厚くお礼申し上げます。
新居に落ち着いて○週間、ようやく荷物の整理も済み、毎日の生活にも慣れ始めたところです。これからはふたりでしっかり力を合わせ、お互いに思いやりと感謝の気持ちを忘れず助け合いながら頑張っていきたいと思います。今後とも変わらず御指導くださいますようお願い申し上げます。
いずれ改めて二人で御挨拶に伺いたいと存じますが、とりあえず書面にてお礼申し上げます。
なお、お礼の印といたしましてささやかですが、別便で内祝いをお贈りさせていただきましたのでお納めください。
皆様のご健康とますますのご発展をお祈り致します。

敬具

文例3

拝啓 桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。皆様におかれましてはお元気にお過ごしのこととお慶び申し上げます。
先日は、私たちの結婚に際し、温かいお心遣いをいただきましてありがとうございました。 ささやかですが、心を込めてお礼の品を選びました。ご笑納いただければ幸いです。
未熟な私たちではありますが、二人で力を合わせ、明るい家庭を築いていきたいと思います。今後も変わらぬご厚誼のほど宜しくお願い申し上げます。 略儀ながら取り急ぎ書中にてお礼申し上げます。 ありがとうございました。

敬具

【結婚式ラボ】写真修整サービス
結婚式ラボ TOP
スケジュール
ペーパーアイテム
ウェルカムアイテム
ギフト
スピーチ
演出
結婚報告
結婚式のマナー
およばれマナー
六曜(六輝)カレンダー

スポンサード リンク